人形たちとの写真日記を中心に、 スーパードルフィーやドルフィードリームに関わる内容などを                                                            まったりと書いていきたいと思っています♪                                                                                   ★★★人形達の紹介★★★                                                               ☆『SD』 名前 綺羅 フルチョイス 新F-05 SD13                                          ☆『SD』 名前 真紅 フルチョイス 新F-13 ホワイト                                          ☆『SD』 名前 金糸雀 フルチョイス 新F-37                                          ☆『SD』 名前 紅雀 ドルパ14限定モデル(真紅)                                          ☆『SD』 名前 胡桃 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 翠星石 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 水銀燈 ドルパ18限定モデル(水銀燈)                                          ☆『SD』 名前 蒼星石 ドルパ20限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 雫 天使降臨祭2008限定モデル(しずく)                                               ☆『DD』 名前 フェミ                                                       ☆『DD』 名前 ことり                                                        ☆『DD』 名前 葉月 02ヘッドカスタム DDⅡ                                            ※スーパードルフィー・ドルフィードリームは【創作造形(C)ボークス・造形村】(株)ボークスの登録商標です。
[459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449
ようやく角川版の“砂糖菓子の弾は撃ちぬけない”を見つけて、
買ってくることができました。

なぜか家の近くの本屋さんには置いてなかったのですよね。
落ち着いてきてから読むのが楽しみです。 (*^.^*) 

そういえば先日、同じ桜庭一樹さまの“赤Xピンク”を読みました。
普通と違ったコアな日常生活のなかで働く3人の女性、
それぞれ1人、1人を主人公とした短編集なのですけど、
3人の女性の心の動きが繊細に書かれていて、とっても面白かったです。

そのお話の最初に出てきた2人の女性の“ココロの色”は、
どこにも書かれてはいませんでしたけど、確かに題名になった“赤とピンク”かも?

・・・・・で、ふっと考えたのですけど、
ココロに色を付けることができるのなら、きっとカタチもあっていいかも?

・・・・・そして、それは、きっと芯(色)は変わらなくても、
いろんなことでどんどんカタチも大きさも変わっていくんだと思います。


PEACH-PIT先生の“こころのたまご”って、
ようするにその赤ちゃんみたいなものなのでしょうか?


もしかして“しゅごキャラ”と“ローザミスティカ”って、じつは同じなのかも・・・・・? (*^.^*) 






『翠星石・・・・・蒼星石の様子はどう?』





『まだ翠星石の鞄で眠ったままですぅ。』



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

『ねぇ、真紅?』



『・・・・・・・・・・・・・・・・なに?』



『あの・・・・・・・やっぱり、わたしたち薔薇乙女は、・・・・・・』

『ローザミスティカがないと、動けないのですか?』



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』




『そうね。・・・・・・・でも、ほんとのことは、わたしにも解らないのだわ。』

『雪華綺晶みたいになくても存在できる子もいるし・・・・』

『貴女もnのフィールドで蒼星石に会ったのでしょう?』



『・・・・・・・・会ったですー。』



『・・・・・・・・・・・・・・・・ただ・・・・』

『雪華綺晶が現実に姿を現すには、わたしたち他の薔薇乙女の体が必要なように』

『わたしたちのココロをここに留め続けるため・・・・・・・・・・・』

『わたしたちにはローザミスティカが必要なんじゃないのかとは、思うのだわ。』




『でも・・・・・・・・・・・・水銀燈のあの様子じゃ、』

『簡単にローザミスティカを渡してくれるとは思えないけど・・・。』









『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

『やっぱり・・・・・・・・・・・そうですよね・・・・・・』



『あの時・・・・・・・躊躇さえせずに・・・・取っておけば・・・・・・・』

『水銀燈にさえ横取りされなければ・・・・・・・・こんなことに・・ならなかったですのに・・・』



カチャッ



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・蒼星石・・・・・・・・・・・。』



『双子は二人でいるから双子なんですよ・・・・』

『お前がいないと、翠星石のココロも半分のまま・・・・・・・です?』




『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうです』



『真紅、・・・・もし・・・・・・・・・・・・・・・・・』

『もしも、翠星石のローザミスティカを分けることができたら・・・・・・・・・』

『蒼星石は戻ってくることができるですか?』



『・・・・・・・・それはどうかしら?』

『ローザミスティカは、わたしたちの本質でもあるのだわ。』

『例え、貴女のローザミスティカを分けることができたとしても、』

『それは、貴女の本質であって、決して彼女(蒼星石)の本質ではないのだもの。』

『彼女(蒼星石)のココロを取り戻すことはできないんじゃないのかしら?』

『それに・・・・・・・』

『それに、ローザミスティカを分けるなんてわたしたちには不可能よ。』

『それは、お父様に対する冒涜以外なにものでもないのだから。』




う”~~~っ


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・じゃあ・・・・』

じゃあ、どうすればいいっていうですーっ!

翠星石は ・・・・・・・・翠星石は・・・・・・・・・・・・・・』


『ただ、蒼星石に帰ってきて欲しいと思っているだけですのに・・・・・・』

『 これじゃあ・・・・・』

いつまでたっても蒼星石に会えないですーっ!



『こんなに・・・・・・・・・・・』



『こんなに傍にいるというのに・・・・辛すぎですーぅ。』








『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だから・・・』



『だから・・・・・・・・わたし達は、待つしかないのだわ。』



『待つ?』



『水銀燈を信じて・・・・・・・・・・・・・・その気になるまで・・・・・・ね。』



『水銀燈を信じて?』



『水銀燈はわたしたち薔薇乙女の長女よ。』

『きっと、芯は同じ筈、信じてあげてもいいと思うのだわ。』



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』





『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・待つ・・・です・・・か・・・』

拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シリアス...
若干ウルウルきてます...
翠星石ちゃんが可愛そうです
翠星石ちゃんがはやまったことをする前に
蒼星石のローザミスティカを返してあげてほしいです

待っている間は
同じ時間でも長く感じてしまいます...
本当の対面を果たせない翠星石ちゃんにとって
1秒1秒が長くつらい時間のように感じられるのかもです

そう簡単には進まない展開に感動です!
これからの水銀灯の動きに注目ですね☆
魔調 2009/04/07(Tue)03:12:54 編集
形と言えば
こんにちはーです!

ローゼンメイデンのお話のよくできたところだと思うのですが、

自分にとって本当に必要な物って考えたことあります?
つい最近、考えていてちょうどツボに入ったのですが、家の中の物をどんどん捨てようと思って、いらない物を頭の中で捨てていってみたんです。
ひたすら、「それは私にとって不可欠か!」と考えてみたんです。
その結果ですね、いくつかの物に親和させることができました。

・誰かとの絆の証系(たとえば、遺品、記念の物、誰かと一緒に作った物、誰かが自分のためにくれた物)
・自分の価値に付属する物系(たとえば、仕事の愛用品や趣味やライフスタイルに関わる愛用品など)

です。
で、これって、本質は「もの」が大事ではなく、

・人とのつながりや絆
・自分が幸せになるための手段としてのモノ

なんですよね。
結局、一番大事なモノって「他人との関係」と「自分の内面」という、形にできない、持ち歩けないモノなんですよね。

ここからがすごいなと思ったところで、ローゼンメイデンでは、「真紅」というかけがえのないモノ、「他人との絆の対象」と「自分を幸せにしてくれている本質」を「鞄に入れて持ち運べるようにしちゃった」んですよね。

本質を見事に具現化しちゃったんですよね。
さすがだなと思いました。

私も断言できないのですが、真紅は蒼星石たちを「今は遠くに行ってしまった」という言い方をしてましたが(・・・あれはTVでしたっけ・・・ごっちゃにしているかもしれません。)ローザミスティカは人工精霊のように属性のようなものはありそうですが、実際は「心が宿りやすくなる仕掛け」または「力の供給源」みたいなものなのかなと思うんですよね。
あくまで私の勝手な想像ですけど・・・。

mao URL 2009/04/07(Tue)22:52:48 編集
水を汲むように、それとも反則技?
雫ちゃんが、トテチテと、銀様の周りを飛ぶレンピカを両手で「パチン☆!」と捕らえます。呆然とする銀様から離れ、両手で清水を汲んで来たかのように、蒼星石ちゃんの唇(あれ?心臓かな?)へあてがいます。とか、どうでしょう??

案2は、反則技!レンピカ関係無しで、目覚める蒼星石ちゃん・・・。

真紅ちゃんは、待つしかないと言っています。
これは、方法はそれしかない・・・つまり、銀様が自らレンピカを手放す判断をする、そのこころを持つことだけ。

なので、反則技は無理でしょうけれど、雫ちゃんの「蛍狩り水汲み作戦」は、銀様の頑なな心に潜む、きっかけがあればという小さいけれど燻って消えない炭火の掘り起こしに効果があるのではないでしょうか。
なんて、勝手な妄想で、どきどきわくわく、お話の進行を楽しませていただいています。
桜護 2009/04/07(Tue)23:59:38 編集
魔調さま
コメントありがとうございます。

ほんとは簡単に大団円にしたくて仕方ないんですけど・・・(;^_^A 
Tsubasa 2009/04/10(Fri)00:15:37 編集
maoさま
コメントありがとうございます。

本当に大切なもの・・・ですね♪
それは、仰るとおり『イノチ』と『キズナ』でしょうね。
本編で話の筋から原作と違うところで、
だから、翠星石のローザミスティカが分けられたら、可能なんじゃ?って思います。
真紅だって、雛苺のローザミスティカで制限つきといえども、
動く事ができていますからね。
もともとキャストのはずがぷにぷにお肌になって・・・
確かにローザミスティカは『イノチ』そのものなのかも?・・・ですね (*^.^*) 
Tsubasa 2009/04/10(Fri)00:27:06 編集
桜護さま
コメントありがとうございます。

桜色のコメント文字☆
・・・桜護さまのブログ、お伺いはしているのですけど、
コメントを残す時間が・・・今度、ちゃんと感想を書きにお伺いいたしますね♪
桜がいっぱいで、とっても感激です☆

トテトテ雫・・・ほんとヤッちゃって欲しいくらいです。
Tsubasa 2009/04/10(Fri)00:34:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア

※別窓で開きます。

ランキングに参加中デス♪
ご協力して頂くと、とても嬉しいです☆


おねがいします☆
   ↓

☆人形ブログ検索☆
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





☆人形サイト検索☆






☆ HP・別館への【入口】デス ☆


Bluish Dolls



□†□屋根裏のAlice□†□





◆人形写真日記別館◆


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31






メーカー・ショップサイト
☆BODY etc☆









【LUTS-DOLL】



☆DRESS etc☆



最新コメント
[09/28 まお]
[08/24 Tsubasa]
[08/13 Rui]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[07/11 桜護]
[06/30 癸]
[06/02 まお]
[05/28 Tsubasa]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubasa
HP:
ブログ内検索
バーコード
HPカウンター