人形たちとの写真日記を中心に、 スーパードルフィーやドルフィードリームに関わる内容などを                                                            まったりと書いていきたいと思っています♪                                                                                   ★★★人形達の紹介★★★                                                               ☆『SD』 名前 綺羅 フルチョイス 新F-05 SD13                                          ☆『SD』 名前 真紅 フルチョイス 新F-13 ホワイト                                          ☆『SD』 名前 金糸雀 フルチョイス 新F-37                                          ☆『SD』 名前 紅雀 ドルパ14限定モデル(真紅)                                          ☆『SD』 名前 胡桃 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 翠星石 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 水銀燈 ドルパ18限定モデル(水銀燈)                                          ☆『SD』 名前 蒼星石 ドルパ20限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 雫 天使降臨祭2008限定モデル(しずく)                                               ☆『DD』 名前 フェミ                                                       ☆『DD』 名前 ことり                                                        ☆『DD』 名前 葉月 02ヘッドカスタム DDⅡ                                            ※スーパードルフィー・ドルフィードリームは【創作造形(C)ボークス・造形村】(株)ボークスの登録商標です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6




昨日アップした画像







単に薔薇乙女たちを並べた写真を 家の中で撮って、
フォトショップで加工したわけじゃないのですよ。

ちゃんと、ショーウィンドーのガラスの反射も 「らしく」見えるように、
本当に窓の外から撮ったのです。





月曜日の朝に撮ったのですけど・・・



当日は・・・雨・・・






最初は、また、別の晴れた日にしようかと、少し躊躇したのですけど、
外に出て、濡れるのは・・・冷静に考えてみると、わたし、一人・・・




やるしかないですよね?




そうと決まったら、
まず、リビングの中で撮影スペースの確保です。


窓際に、ダイニングテーブルのイスを並べます。






つ・・・必要でした。






一つ約45cmだとして、全部で、1m80cm・・・


元々、リアルショーウィンドーを思い立ったのは、
外側の森の雰囲気を楽しめるように・・・(★i真紅とリスと裏山の木★ 参考)
リビングの窓の幅が一枚が幅1m50cm高さ2m40cmほどあって、
本当のショーウィンドーと同じだったからなのですけど・・・






・・・足りない?






すこ~しづつ、皆に間を詰めてもらって、なんとか並びなおすと、
雛苺と蒼星石、水銀燈がきちんと座ってくれない・・・






イスとイスのスキマポケットに はまっていました・・・






何か、薄くてお尻が痛くならないものはないかと、探したすえに、
用意したものは、ローゼンメイデンの同人誌・・・







・・・イスと薔薇乙女の間にはさまるのだから、本望ですよね?










そうやって、

ようやく並べ終わって、外で撮影しようとしたら、なにか違和感が・・・?









雛苺が くんくんを抱いたまま・・・でした・・・



金糸雀も傘から手を離しちゃってるし・・・












また、家の中に入り、ヒナから くんくんを取って、カナに 傘を持たせて、
外に出てきたら・・・カナが、また手を離してました。











もう・・・無視です・・・無視




雨の中で、撮影してるこっちの身にもなってほしいものです・・・







・・・ということで、昨日の一枚が出来たのでした。














『雨の中、びしょ濡れになってまで写真撮るなんて、馬鹿げてるわ。』







『まったくだわ。』







なぜ、そこで結託? ( ̄ー ̄; 







『だいたい、何時間も ただ座って待ってるこちらの身も考えて欲しいものね。』









何時間も掛ってませんよね?

せいぜい、1時間くらいでしょ? (-"-;A 








『3600秒もっ!・・・だわ。』










いや、そこで秒単位にかえなくても・・・ (゚ー゚;lll)  










::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。


拍手




約3年ぶりに、キヤノンから“ミドルクラスの入門機”のデジタル一眼レフカメラ

EOS70Dが発売されます。



発売日は、8月29日。






公式サイトはコチラ






有効画素数は、約2,020万画素

最高感度は、拡張時でEOS 60DのISO12800からISO25600になってます

画像処理エンジンは、最新のDIGIC 5+

ファインダーの視野率は、約98%で、倍率は、約0.95倍

AF測距点は、19点(全点クロス測距)デュアルピクセルCMOS AFで約80%の領域でAFが可能

連写速度は、約7コマ/秒

液晶モニターは3型約104万ドットのフリーアングル式で、今回からタッチパネル式を採用

最高シャッター速度は、1/8,000秒




実売価格は、ボディのみで、約13万円とのこと・・・






基本性能も以前の60Dに比べると格段と上がっているのですけど、
画素数と露出感度については、ワンランク上の7Dさえも凌駕してるカメラです。

というより、EOS7Dの連写が8枚/秒以外、全て70Dの方が上?


あくまでスペック上のことなので、
実際に使ってみないと分かりませんけど・・・ネ。





サブカメラとして、久々に、ちょっと引かれるカメラですね///














『残念ね・・・』





『その新しいサブカメラというものは、諦めなさい。』











えっ・・・?









『最近は、便利になったものね・・・』

『どこかに行くための切符というものも、インターネットというもので買えるのだわ。』












・・・まさか? (゚ー゚; 







ピシッ!






『当然でしょう?』




『主が帰りたいと言っているのだから、従うのが家来の務めなのだわ。』


『本当は、貴方にさせるべきでしょうけど、』

『不本意ながら、わたしが貴方の代わりに、買っておいてあげたわ。』



『・・・出発は、明日よ。』












ちょっ・・・ ( ゚ ▽ ゚ lll;) 

ちょっと待って・・・ (゚ー゚;lll)







ふつう・・・

・・・人形のために帰省するなんて、ありえないでしょう?









『・・・・・・・・』









『貴方が、わたしの言うことを聞かない方が、ありえないのだわ。』











・・・・・・・・・・・・・(=◇=;) 







(何しに来たんだ、この悪魔人形・・・ |(゚ー゚ll)|  )







『・・・・・・・・・・・・』






::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。




拍手




デジタルカメラの撮影を基本RAWという拡張子でしていると、
専用ソフトで、ホワイトバランスや露出など、
撮影の設定を後から変更することが可能になる代わりに、
普通に使えるように現像・・・JPEGに変換しなくてはなりません。

それが、キヤノンの場合、カメラに付いてくる付属ソフト・・・

デジタルフォトプロフェッショナル・・・通称DPPです


真紅の“病みの力”によって・・・

先日、パソコンが使えず、隣の部屋のパソコンを使ったのですけど、
DPPが入ってなかったのでインストール、更に最新版へ更新をしました。

ついでに、回復したパソコンも大阪のパソコンも更新・・・

そしたら、微妙にRAW画像調整のインターフェイスが変わってました。
いつの間にか、DPPって、とっても進化してたのですね・・・

といっても、基本的に変わったというわけではなく、
扱いやすくなったといった方がいいのかもしれません。

今までは、色温度による色相の修正だけで、
色カブリや、フィルター加工は、JPEGに一度、現像してから、
フォトショップで、調整するのが当たり前だと思っていたのですけど、
微調整ボタンがあって、押すとカラーチャートがポップアップで出てきて、
マウスを好みの場所に動かすだけで完了できちゃうのです。


クラシックな風合いも柔らかな演出も、ボタン一つ・・・


構図やピンボケまでは直りませんし、
細やかな雰囲気づくりとまではいきませんけど、
基礎的な部分はできちゃいますから、必要十分な機能です。



・・・また少し、写真と遊ぶのが楽しくなりました。






『ねえ・・・』





『つまんないウンチク時間は終わった?』









どこかで見た光景ですよね?







『知らないわ、そんなこと・・・』





『そんなことより、いつ新しい羽を作ってくれるのかしら?』








・・・・・・・(=◇=;) 


誰から聞いたの?・・・って、聞くまでもないですね・・・ ( ̄ー ̄; 









『そう・・・ね。』

『自供したから、情状酌量するですぅ~、とか、ワケわかんないこと言ってたわ・・・』





スッ






『・・・真紅のいる前でね。』








・・・・・・・・・ (゚ー゚; 


・・・なんて余計なことを・・・ (-"-;A








::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。


拍手




すごく久々にカメラのお話です。 (*^.^*) 



ニコンからD7100が先月の3月14日に発売されました。






APS-Cサイズ
視野率約100%の光学ファインダー(倍率約0.94倍(50mm F1.4使用時))
有効画素数、2410万
最高シャッター速度、1/8,000秒
最高感度、常用ISO6400、拡張ISO25600相当
AF測距点、51点AFシステム
背面モニター3.2型液晶モニター122.9万ドット
連続撮影速度(通常時)約6コマ/秒、連続撮影速度(1.3x時)約7コマ/秒



このカメラの特徴として、
今まであたり前に付いていた、光学ローパスフィルターがありません。

光学ローパスフィルターは、簡単に何かというと、
不自然な画になるのを防ぐため紫外領域データをカットするもの・・・

昔、カセットテープというものがあった時に、
高音の録音時ノイズを聞く時にカットするためにチヤホヤされた

“ドルビーNR”という【ノイズキャンセラー】と同じです。



・・・ (・Θ・;) 

余計に分からなくなっちゃった?(;^_^A 



でも、この【ノイズキャンセラー】という例えを用いると説明しやすいのです。


ようするに、今まではアナログ的なデータ処理で、ノイズキャンセラーによって、

【綺麗に聞こえるように感じた音】だったけど、

これからは、デジタルになったために、余計なノイズキャンセラーが必要なくて、

【そのままの綺麗な音】が楽しめるってこと・・・



もう、どちらがいいのか分かりますよね☆ (*゚ー゚)ゞ

とにかく、これはスゴイ技術だと思います。о(ж>▽<)y ☆





もうひとつの特徴は、「対DX 1.3xクロップ」での撮影が可能なこと

スイッチ一つで、
撮影画角がDXフォーマットから約1.3倍、望遠寄りで撮影できます。

利点は、機械に余裕ができるので、その分連写速度が速くなります。
そして、使う画面が狭くなりますから、逆にオートフォーカス測距点(ポイント)が広がるので、
ピントが合わせ易くなるということです。
欠点は、撮影画素数が小さくなることですけど、
元々が2410万画素なので、小さくなっても1540万・・・
スナップを撮るには、十分な画素数だと思います。



なんにしても、一昔前でしたら、とっても高額なカメラに思える豪華仕様です。
しかも、新しい使えそうな・・・使える技術がいっぱい☆

ココロ惹かれるカメラですね///



詳しくは、コチラの公式サイトへ→http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d7100/








対して、キヤノンからはEOS Kiss X7iが4月12日に発売されました。





APS-Cサイズ
有効画素数約1,800万
感度ISO100-25600(拡張設定含む)
ファインダー視野率約95%(倍率約0.85倍)
液晶モニター3型約104万ドット(バリアングル)
最高シャッター速度1/4,000秒
連写速度約5コマ/秒
AF測距点、全9点クロスセンサー




こちらは、特にあげる見新しい技術はありませんけど、
初心者用の小さなKissに ワンランク上の機能が盛り沢山っていうのが特徴かも?

バリアングルだけを除けば、殆どキヤノン60Dと同じ性能・・・

シャッター速度こそ遅いけど、感度は60Dより上です。

大きさは、今までのKissより更に小さくて、重さも525グラム。
これは、最強の初心者用カメラといっても過言はないかも・・・デス?

因みにKiss X7は、370グラム・・・軽すぎ・・・ (゚▽゚;) 



ココロは惹かれないけれど、持ち運びに良さそうです。 (*゚ー゚*) 

小さくて、バリアングル撮影できて、暗いところに強い・・・なんて・・・

ドール撮影会なんかで重宝されそうなカメラですね///



詳しくは、コチラの公式サイトへ→http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx7i/index.html





最近は、画素数競争や動画機能競争も落ち着いてきて、

ようやく、カメラ本来の撮影機能に目を向けられてきた気がします。


だから、各社から発売される機種に違いが大きくなってきたのかも?

音の世界が、はじめは、アナログの音を好む声があっても、
デジタルの澄んだ音に大きく変わったように、
ようやく写真の世界も、銀塩からデータに・・・ということではなく、
本当の意味で、アナログからデジタルに変わってきた気がしますね。 (*^.^*) 













::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。



拍手




『ダメ人間、よぉ~く聞きやがれです。』




『次のお話では、優しく微笑むことにしたのです。』

『世界中の人間どもをメロメロにさせるくらいじゃないと、』

『許さねーから、心して執りかかれですぅ。』











・・・・・・・・

ま、いいけど・・・( ̄ー ̄;) 









カチャカチャカチャ・・・






・・・・・・・・あっ、間違えた・・・(=◇=;) 






『・・・お馬鹿です。』









カチャカチャカチャ・・・









・・・・・できた・・・よ? (*゚ー゚)ゞ










『どれ、どれ、ですぅ♪』






チラッ・・・






『・・・ぶっぶぅーっ!! ですーっ。』

『翆星石は、こんな不細工なんかじゃねーですっ!』

『即刻、今すぐやり直すのです。』









・・・ (-"-;A 


・・・・・・・・偉そうですね。 (-ε-)









『なにいってるですか?』

『翆星石は、偉そうじゃなくて、とっても偉いのです♪』












えらぶった上に

相変わらず文句の多いドールですね。










『・・・お前が連れてきたです。』











・・・・・・・・・・・・・ (//-。-//)




それじゃあ言わせてもらいますけど、

そんなこといっても、向こうの家と違って、マウスしかないのに、

そんな細かな作業なんて、出来るわけがないでしょう。

少しは、妥協してくれてもいいと思うのですけど・・・











『そんな言い訳はいらねーです。』

『ほらっ、手が休んでやがるですよ。』

『チャッチャと、この可愛い翆星石のために働くのですぅ。』












((o(-゛-;)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( ̄_ ̄ i) 









カチャカチャカチャ・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (-。-;) 










カチャカチャカチャ・・・












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-""-;)











あ”-っ!! ヾ(。`Д´。)ノ



もう、やってられません!!




無理、ムリ、むりっ!! (><;)





マウスだけで、

エアブラシの濃淡を調整するなんて、

土台、できっこないのです。(。>0<。)



マウスの神様でも連れてこい!

ってーの・・・\(*`∧´)/











『・・・・・・・・・・ダメ人間が、切れたです・・・』

『いよいよお払い箱逝きなのですぅ。』











誰のせい・・・(-""-;)








『お前の才能のなさのせいです?』










・・・・・・・・・・・ |(゚ο゚;)|








・・・というわけで、ペンタブレットを買うことを決意したのでした。






はじめは、多少の画像加工だけなので、
ペンタブレットなら、なんでもいいと思い、
そのままの勢いで、ネットで買おうとしたのですけど、
使用感もありますので、まずはお店に見に行きました。



お店に置いてあったのは、全てワコム製品。
下のクラスのBamboo(バンブー)とかいうのと、
Intuos(インテュオス)とCintiq(シンチク)

迷わず一番安いバンブーを買おうとして、
その場に置いてあった実機で試してみました。



???・・・ヘンです。 (゚ー゚; 


まっすぐに引いたつもりの線が歪みます。
筆払いも、微妙に不格好というか、カタチが気持ち悪い。

いつの間にか、わたしのウデが鈍ってしまったのでしょうか?


・・・サイテーです。 (_ _。) 



もやもやしながら、
今度は、一つ上のクラスのインテュオスを試してみると・・・


きちんと、綺麗な線が引けました。
もちろん、筆を払ったカタチもスマートでした。



???・・・どういうこと? Σ(~∀~||;) 



こうなったら、いろんな処で試したくなってきて、
所持しているシンチクのところでも試してみました。


慣れているせいなのか、滅茶苦茶描きやすい☆
いつもと同じようにスラスラと絵が描けます♪


それに、

当時まだ発売されていなかった大型のディスプレイのものなんて、

まるで夢のようなキャンパスみたい・・・о(ж>▽<)y ☆





・・・ホシイナァ(// ̄¬ ̄//)





価格は27万円也・・・ (*゚ー゚*) 

貯金は、あと・・・







・・・・・・・・・・・ ( ̄ー ̄; 





ホント、

・・・・・あやうく、当初の目的を忘れ、

超お高いシンチク を買うところでした。(;´▽`A``





アブナイ、アブナイ・・・




・・・にしても、あのバンブーは、ありえないです。

結局、線が歪んだり、払いがうまく出来ないのは、

ドットの読み込みが甘いせい

だとしか思いようがありません。


絵を描くための製品であるなら、もう少し考えて欲しいところですよね。






結局、お店でそのままインテュオスを買ってきちゃいました。





最終的に買ってきたものは、
サイズが一番小さくて、ワイヤレス機能が付いたものです。

やっぱり、触ってみなくちゃ・・・ですね。( ´艸`)




このインテュオス・・・バージョンが4から5になって、
筆圧の感度が1024から2048に上がっているのですけど、
使うソフトが対応してませんと使えませんので要注意です。

因みにわたしの使っているソフトは古くて意味なしでした・・・

だからといって、大きな問題はゼンゼンないのですけどネ。


それから、ウィンドウズ7のタッチパネルに対応していますので、
スマホみたいに指先で拡大縮小が自由に行えます。

これは、かなり有効に使えます☆


それで、いよいよ実際に使ってみての使用感なのですけど、
シンチクに比べると、操作エリアがザラザラしていますので、
力を入れて描くときに少し引っかかりを感じて違和感があります。
でも、先にも述べたように素直な入力内容だと思います。

要するに強弱をつけながらの絵も、しっかり描けます。


シンチクと比べると、さすがに
ペンの芯は、駄目になるのが格段と早そうではありますけど・・・


まぁ・・・翆星石のご要望は応えられるでしょう。



・・・で、いったいインテュオスを買ってきて、どんなことが出来るかというと・・・











『マスター・・・』




『翆薔薇のお姉さまは連れていかれたのですね。』


『・・・ズルイ・・・・・・・』


『わたしもマスターと想い出を作りたいのに・・・お姉さまばかり・・・』



『・・・ズルイですわ。』





『雪華綺晶は、淋しいです・・・』









『遠くに行ってしまわれてから、ずっと考えてました。』






『そして・・・いいことを思い出しました。』

『お優しいマスターが傷ついたわたしにしてくれたこと・・・』










『マスター・・・わたしのマスター・・・』





『また、マスターの頭の中に伺わせて頂いてもいいでしょうか?』











・・・・・・・・・・・・ (^▽^lll)







ナンテコトモジユウジザイデス


でも、絵をきちんと描くには、
やっぱり、大きな操作エリアのあるものが必要だと思います///






『また、あのビッチドールは性懲りもなく、ふざけたことを言ってるです。』


『頭の中・・・夢の中ならこっちが十八番なのですぅ。』




『・・・返り討ちにしてやるです。』












物騒ですね・・・

姉妹なのだから、もう少し仲良くして下さいね。










『フンッ、』

『仲良く、返り討ちにするです。』












・・・・・・・・・・・・(;^_^A 









『ところで・・・・・・・』





『ダメ人間・・・翆星石の優しい微笑みは、どうしたのです?』













・・・・・・・・・・・・ (*゚ー゚*ll)






::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。




拍手

フリーエリア

※別窓で開きます。

ランキングに参加中デス♪
ご協力して頂くと、とても嬉しいです☆


おねがいします☆
   ↓

☆人形ブログ検索☆
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





☆人形サイト検索☆






☆ HP・別館への【入口】デス ☆


Bluish Dolls



□†□屋根裏のAlice□†□





◆人形写真日記別館◆


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31






メーカー・ショップサイト
☆BODY etc☆









【LUTS-DOLL】



☆DRESS etc☆



最新コメント
[09/28 まお]
[08/24 Tsubasa]
[08/13 Rui]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[07/11 桜護]
[06/30 癸]
[06/02 まお]
[05/28 Tsubasa]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubasa
HP:
ブログ内検索
バーコード
HPカウンター