人形たちとの写真日記を中心に、 スーパードルフィーやドルフィードリームに関わる内容などを                                                            まったりと書いていきたいと思っています♪                                                                                   ★★★人形達の紹介★★★                                                               ☆『SD』 名前 綺羅 フルチョイス 新F-05 SD13                                          ☆『SD』 名前 真紅 フルチョイス 新F-13 ホワイト                                          ☆『SD』 名前 金糸雀 フルチョイス 新F-37                                          ☆『SD』 名前 紅雀 ドルパ14限定モデル(真紅)                                          ☆『SD』 名前 胡桃 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 翠星石 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 水銀燈 ドルパ18限定モデル(水銀燈)                                          ☆『SD』 名前 蒼星石 ドルパ20限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 雫 天使降臨祭2008限定モデル(しずく)                                               ☆『DD』 名前 フェミ                                                       ☆『DD』 名前 ことり                                                        ☆『DD』 名前 葉月 02ヘッドカスタム DDⅡ                                            ※スーパードルフィー・ドルフィードリームは【創作造形(C)ボークス・造形村】(株)ボークスの登録商標です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6




先週、

秋葉原に行ってきたときに、一緒に買ってきた本






発売日から大幅に遅れてからのアップなんて、
いまさら感いっぱい・・・です・・・


因みに、その日、

ローゼンメイデンカフェにようやく行けると思っていたら、

オープンは、次の日だったという悲劇・・・  (_ _。) 




だから、団扇探しに熱も入ったというものでした。









・・・・・・ ( ̄ー ̄lll)  


体の中にまで籠っちゃっいましたけどね (llv.v)。








ちびちびペア⌒★





雛苺金糸雀



こうして、二人だけで撮影してみると、
その色合いの違いがとてもよく分かりますよね。


雛苺は、お迎えしたばかりの白肌

金糸雀は、数年前オクでサルベージしてきた普通肌


単に白肌と普通肌の違いばかりじゃなく、
経年経過してきた差もあって、
金糸雀がかなり濃く見えるし、雛苺は、真っ白です。




これが

純粋無垢な子


自称、


薔薇乙女一の策士との違い・・・








・・・なワケないですよね? :*:・( ̄艸 ̄)・:*:








::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。


拍手







天使さん・・・今日は来てくれるかな?











『・・・・・・・・・・』















『ちっ・・・』

『ちょっと、あっちで、天使、天使って、言われて、』

『天狗になってんじゃねーです。』

『チビ苺が天使だってんなら、』




『翠星石なんて、大天使なのですよ。』








『うゆ?』



『翆星石は、大天使さんなの?』













『おばかさん・・・』







『翆星石・・・なにまたワケが分かんないこと言ってるの?』

“大”さえ付ければいいってもんじゃないわよぉww』




『そんなこと言うなら、わたしなんて・・・』


『いつもいつも、めぐに「天使さん」って呼ばれてるわぁ。』


『そんな風に近寄られれも 煩わしいだけじゃないの。』











『なにを勘違いしてるです、水銀燈。』


『お前が呼ばれてる天使は・・・』




 


『堕・・・天使 ですぅ☆』









『なっ・・・』


『なにいうのよっ、わたしのどこが堕天使だっていうの?』






『真っ黒な羽を生やした天使は、堕天使以外なにもんでもねーです。』


『めぐっていうマスターも、』


こんな堕天使なんかと契約を交わしちまうから、


七番目に取り込まれちまったのですぅ。』




『まったく不憫なマスターなのですぅ~。』











『くっ・・・』




『なによ・・・そういう貴女も、いまやその七番目の操り人形でしょう?』


『他人の心配よりも、まず自分の心配をしたらどうかしら、おばかさん。』












『馬鹿って言う方が馬鹿なのですっ。』



 


『二人ともやめなさい。』

『今は、いがみ合ってる場合ではないのだわ。』












『真紅ぅ・・・くやしい~ですぅ~・・・』










『ふんっ・・・』





『貴女が悪いんでしょう?』

『まったく、これだから性悪人形なんて呼ばれるのよ。











『水銀燈 !!』










『なにかしらぁ~・・・悪魔人形さぁん。』


 


『貴女も天使って、呼ばれたいのかしら?』



ざぁんねんねーっ・・・』


『はじめから悪魔じゃ、天使になれないわ。』















『・・・・・・・』





『・・・わたしのどこが悪魔というのかしら?』




『そんなこというなら・・・』


『貴女のその格好なんて、』



悪魔そのものじゃないの・・・』













『なんですって・・・』




『お父さまから頂いた、このドレスを侮辱するなんて・・・許せない・・・』













アリスゲーム勃発!!













・・・ (゚ー゚;lll)  



天使っていう言葉一つで、どうしてこうなるのやら・・・ ( ̄ー ̄lll)  







 

『不安だからよっ!!』










真紅・・・









『わかってないのね・・・』




『不安だから・・・それだけ、少しでも・・・』

『誰もが、誰かにとって、かけがえのないものになりたいのだわ。』











・・・かけがえのないもの・・・












『・・・・・・ねえ・・・・』






『ところで・・・一つ、どうしても聞きたいことがあるのだけれど・・・』










なに? (゚ー゚; 










『貴方は・・・』


『そのかけがえのない人形を此処において、』


『とても楽しんできたようだけど・・・』








『まさか・・・手ぶらじゃないでしょうね?












・・・・・・・・・( ゚ ▽ ゚ lll;) 








『どうなの?』












ア・・・思いだした・・・



明日から、北海道に行くので準備しなくちゃ・・・ε= ヾ(lll~▽~)ノ 













『ちょっと、待ちなさいっ。』

『話は、まだ終わってないのだわっ!』













タン・・・







『逃げた・・・ですぅ・・・』








『見なさい、翠星石。』


『あれが、きっと、』


この世界で一番不憫なマスターよぉwww














『見たくない現実を叩きつけられた気分なのですぅ・・・』













『・・・・・・・・・・・』




『帰ってきたら、おしおきなのだわ・・・』











::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。





拍手




部屋に戻り、もう一度、薔薇乙女全員で撮影しました・・・










『・・・・・・・・・・・』





わたし 気になりますっ!・・・ですぅ。』














『・・・翠星石』



『・・・・・・・・いきなり どうしたの? 』











『翆星石が前に雛苺を見たときには、』


チビ苺のはずがデカ苺になってたですぅ。』









『そんなことが あるはずないわ。』


『雛苺は、わたしたち薔薇乙女の中でも 幼くて弱い子よ。』

『それは、いつも傍にいた わたしが一番分かってることなのだわ。』

『それを 貴女・・・第3ドールよりも大きいだなんて・・・』



『おかしなことを言うものじゃないわ、翠星石。』













『・・・・・・・・・・』







『真紅は、見てないから そんなことが言えるのです。』

『翠星石は、大阪で 背比べまでしたですぅ。』












『・・・そこの家来 ・・・本当なの?』










・・・・・・・・・・・・  (;´ー`A``


あー・・・

そんなことが あったような・・・なかったような・・・ (;´▽`A``








『・・・お前のノーミソはポンコツなのです、ダメ人間っ。』


『あんな屈辱を翠星石が忘れるわけねーですっ!』


『チビチビが 翠星石よりも大きいなんて、ありえねーのです。』




『確かめなきゃ 気が収まらねーですよ。』











『仕方がないわね・・・』


『雛苺、 少し翠星石の我儘に付き合ってあげて頂戴。』












『うゆ・・・真紅が、そういうなら翠星石に付き合ってあげるの。』










『とかいいながら、えらそーに座ってるんじゃねーです。』


『座っていたら、大きさがわからねーですよ。』








『ほら、ちゃっちゃと 立つです、雛苺。』















ーっ・・・










『・・・・・・・・・・・』











『やっぱり、翠星石の方が大きいなのぉ~』










『・・・当然よね。』

『何かへんな夢でもみたのじゃなくて、翠星石?』












『そ・・・そんなこと・・・』


『薔薇乙女・・・人形は、夢をみないって、真紅が言ったのです。』












『・・・・・・・ええ、確かに言ったわね。』


『・・・でも、夢の扉を扱うことのできる庭師の双子なら、』

『夢をみることができても不思議じゃないわ。』




『翠星石・・・だからといって、寝言を言われても、わたしたちは困るのだわ。』













寝言・・・・・・・』


『真紅、ヒドイですぅ~。』













『あら?』

『どちらが酷いのかしら?』

『わたしには、デカいだなんて・・・』

『突拍子もないことを言ってる方が酷いと思うのだけど・・・』














『・・・・・・』




『なんで・・・真紅は、こんなチビ苺のカタばかりもつのですぅ・・・』









『・・・わかったです。』














いっ






『チビ苺は、ずぅーっと、チビチビのままが一番なのです。』


『心しておくです・・・』

『こんど勝手に大きくなりやがったら、この翆星石が承知しないですよ。』











『す・・・翠星石・・・こわいのぉ~・・・』












『なにしてるの、翠星石?』










『べっ・・・べつに何もしてねーですよ・・・』


『ちょっと、立ちくらみをしただけ・・・なのです。』










『立ちくらみ?』









『そう・・・ですぅ・・・』














『・・・・・・・・・・まぁ いいわ。』




『それで・・・・・・・・・貴女の気は 済んだのかしら、翠星石?』












『・・・・・・・ですぅ。』















『うぅ~・・・・』


『・・・・・・・・・・・翆星石・・・・・・こわいのぉ・・・』















・・・済むどころか・・・・



いろいろと始まってる気もするのですけど・・・ ( ゚ _ ゚ lll;) 







::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。


拍手




ペーパーかけました・・・



これって、かなり疲れる作業だったのですよね・・・

一夜明けても手が未だに震えてます。




薄松葉色のアイも しっかりグルーで固定しました。

これで、もう雪華綺晶に取られる心配は、ありません。




ウィッグも もう一度ハサミを入れました。

フワフワな雰囲気になるように 丁寧に少しずつ少しずつ。




そして・・・バラバラだった体を 一つにして、最後に【願い】を一滴。




特07番の子が きちんと雛苺に なりますように・・・















『雛苺・・・・・・』













『・・・・・・・・・・』






『もう・・・あれから20日も経ってるのだわ。』









『こうなったら、不本意だけど、仕方ないわね。』




『少し痛いかもしれないけど、悪く思わないで頂戴。』

『・・・貴女のためなのだわ。』








ペシッペシッペシッ

 



『雛苺、いいかげんに起きなさいっ。』

『起きないと、ずっと ぶち続けるわよ。』


『早く起きないと、あとで、カオが腫れあがって痛いのだわ・・・』









『う・・・』








『うにゅ・・・』






『い・・・いたいの・・・』










『・・・・・・・雛苺・・・////』









『うにゅう・・・』




『ねむいのぉ~・・・』












『・・・・・・久しぶりね 雛苺。』











『あれ?』


『しんくぅー、おはよーなのぉ~。』









『・・・//////』



『お・・・お早う・・・』










コホン・・・




『お早う・・・じゃないのだわ。』

『まったく・・・いったい、いつまで寝てるつもりなの。』



『貴女を起こすのに、わたしがどれだけ努力したと思ってるのかしら?』





『貴女は、もっと自分の立場をわきまえるべきなのだわ。』








『ほえ・・・?』

『真紅が ひなを起こしてくれたの?』









『そ・・・そうよ///』

『家来の面倒をみるのは 当たり前でしょう。』



『本当に、使えない家来を持つと苦労するのだわ。』

『わかったら、さっさと、お茶の用意をして頂戴。』







『うん。』


『わかったのぉ~。』










ら~っ







(・・・・・・大丈夫かしら?)










『あーっ!!』


『くんくんなのーっ☆』











『くんくん・・・』







『ひなと一緒におねむなのぉ~☆』











ガタッ


 





『ちょっと、何してるの、雛苺っ!!』




『それは わたしのくんくんなのだわっ!!』


















す⌒☆


 


『これから よろしくなの ♪ 』












::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。



拍手




・・・今回、翠星石を連れて帰ってきました。




なので、ムリだと思っていた
お揃いのカワイイ服を着た翠星石と蒼星石の写真を撮ることができます。






日差しが強くなってくる前に、庭で撮影してきました☆



























 



いっぱい、蒼星石とお話ができて、

翠星石のご機嫌もなおったみたいです・・・ (*^.^*) 















 












::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。




うかうかしてたら、もうじき、360000HITなの・・・ (゚ー゚; 



あわてて、キリ番画像をつくりました。(;^_^A


ということで・・・今回のキリ番画像は、またもや双子・・・

しかも、今日撮った画像・・・



・・・考えてる余裕がなかった。 (_ _。) 










解像度は1920X1200、ワイド画面(フルHD)対応です。

カウンターが360000になりますと自動的に別画面出てきて、
イベントが行われた後、上の画面が出てくるようになっています。


気に入って下されば、とても嬉しいです///




※携帯からですと、カウントされませんので、ご注意下さいね。



拍手

フリーエリア

※別窓で開きます。

ランキングに参加中デス♪
ご協力して頂くと、とても嬉しいです☆


おねがいします☆
   ↓

☆人形ブログ検索☆
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





☆人形サイト検索☆






☆ HP・別館への【入口】デス ☆


Bluish Dolls



□†□屋根裏のAlice□†□





◆人形写真日記別館◆


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31






メーカー・ショップサイト
☆BODY etc☆









【LUTS-DOLL】



☆DRESS etc☆



最新コメント
[09/28 まお]
[08/24 Tsubasa]
[08/13 Rui]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[07/11 桜護]
[06/30 癸]
[06/02 まお]
[05/28 Tsubasa]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubasa
HP:
ブログ内検索
バーコード
HPカウンター