人形たちとの写真日記を中心に、 スーパードルフィーやドルフィードリームに関わる内容などを                                                            まったりと書いていきたいと思っています♪                                                                                   ★★★人形達の紹介★★★                                                               ☆『SD』 名前 綺羅 フルチョイス 新F-05 SD13                                          ☆『SD』 名前 真紅 フルチョイス 新F-13 ホワイト                                          ☆『SD』 名前 金糸雀 フルチョイス 新F-37                                          ☆『SD』 名前 紅雀 ドルパ14限定モデル(真紅)                                          ☆『SD』 名前 胡桃 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 翠星石 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 水銀燈 ドルパ18限定モデル(水銀燈)                                          ☆『SD』 名前 蒼星石 ドルパ20限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 雫 天使降臨祭2008限定モデル(しずく)                                               ☆『DD』 名前 フェミ                                                       ☆『DD』 名前 ことり                                                        ☆『DD』 名前 葉月 02ヘッドカスタム DDⅡ                                            ※スーパードルフィー・ドルフィードリームは【創作造形(C)ボークス・造形村】(株)ボークスの登録商標です。
[454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444
※ネタばれ注意です。




今回、ローザミスティカを元に至高の少女と薔薇乙女たちの夢が明らかになって、
前作では出てこなかった雪華綺晶の望んでいるモノがはっきり出てきましたね。

形骸のない雪華綺晶は、
他の子のボディ(形骸)を集め至高の少女になることを望み
形骸のある他の薔薇乙女たちは、
他の子のローザミスティカ(本質)を集め至高の少女になることを望む。

雪華綺晶は、形骸に気高さや愛しさがあると思い込み、
そして、他の薔薇乙女たちもみんなの本質を集めると完全になると思い込んでいます。

当然、形骸なんかに気高さや愛しさなどあるわけがないですし、
ローザミスティカを集め1つにしても、完全にはならないって気がします。
・・・・・だったら、「お父さまがわざわざカケラにするはずがない」ですよね?
それでしたら、最初から1つのローザミスティカで「アリス」ができた筈・・・・ですもの。

その「アリス」になるための「何か足りないもの」に
雪華綺晶がどう関わってくるのかが、これから楽しみなところですね♪

「足りない」といえば、
まかなかったジュンも「自分の足りないもの」をようやく理解しはじめてきて、
彼が今後どう動くかで、薔薇乙女たちの運命の時計がまわり始める気がします。


それにしても・・・・・・・・雛苺(のカラダ)、かな~りピンチですよね。(;^_^A 
このままでは水銀燈に壊されちゃいそう・・・・・真紅は嫌がっていますけど・・・・・


そして、前作と同じ順番通りに・・・・・かなり遅刻をぶちかまして (^▽^;)
ようやく、翠星石が登場してきました♪


不満が溜まりつつあった翠星石にまさに絶好のタイミングというか・・・・

PEACH-PIT先生さま、ありがとうございます☆о(ж>▽<)y ☆





にひひひひひひ♪



ようやく、出番が廻ってきたですー☆

『真紅と水銀燈のピンチを助けてやるですっ!』

『正義の味方みたいでカッコイイですーっ♪』






ぶわっ!


それっ!ローズテールですぅ♪



『・・・・・・・・・・・・・・散らかさないで頂戴、翠星石。



『・・・・・・・・・・・・・・・真似されて怒ったです?』

『真紅のココロも人間と同じちびちびサイズですか?』



『・・・・・・・・・・・・翠星石・・・・・・・貴女は読みたくはないのかしら?』



もっ、もちろん、読むに決まってるですぅ♪
(・・・・・・最後のページだけで十分ですけど・・・・・・・・)



『????』





『なに?・・・・翠星石?』



『なにかヘンだと思ったら、』

『今日は・・・・水銀燈、来てないですね?』



『・・・・・・・・・・・・・・・・・そうね。』

『そういえば最近、姿を見せないのだわ。』

『でも、・・・・・・ここには来ているみたいね。』



『???・・・どうして分かるです?』



『床を御覧なさい・・・・水銀燈の羽が混ざっているのだわ。』





『ほんとです・・・・発つ鳥、後を残しまくりってヤツですね。』

『相変わらず、抜け毛・・あっ、“抜け羽”の多いヤツですぅ。』

『でも・・・・・これって、まるで・・・・・・・・』

『真紅がまかなかったジュンに怒られた時の“汚したお部屋”みたいですねー♪』





!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

『・・・・・・・余計なことは思い出さなくてもいいのだわ。///』

拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やっぱそうおもいます?
真紅ちゃんたちの記憶の中のローゼンが、、多少美化されていたとしても、少なくても真紅ちゃんの敬愛に値する人物だとしたら、、ローゼンが「あら、分けちゃった」なんていうミスはするはずもなく、分けざる終えなかったんでしょうね。

ちょっと、この話をきっかけに、私の方でも書いてみたのですけど(Tsubasaさんのブログが私の方のきっかけになることがかなり多いんですけど!それは内緒です><)、7体で1つのアリスを表現せざる終えなかったんでしょうね。違った人格で違ったスタート地点から違った経験をして「成長する」必要があったんでしょうね。

アリスゲームの(勝敗という意味での)結果がローゼンにとって必ずしも必要なのかどうかは、全く書いてないですが、少なくても「ただ一体になる」だけならローゼンが神の手で介入すればすむことで、それをやらないってことは、「ドールたちがどういう結論を出すか」にすべてその辺がゆだねられている気がします。。。
1体になるにしても7体のままにしても。

これはローゼンの壮大な実験なのか、それとも推測してやってるのか。。。


たぶん「ラプラスの魔」でも未来は確定させることができていませんから、ローゼンもこの先どういう結果になるか、その辺はっ分からないんでしょうねー

楽しみです。

・・・
ところで!

やっぱり翠星石登場ですね!!
テレビ版では、調子に乗り始めると、もう誰に求められないキャラになっていましたけど、今回はどんなことをやってくれるのでしょうかね。

はっ!
うちにも翠星石登場カモデス・・・
mao URL 2009/03/27(Fri)09:24:12 編集
抜け羽
一日遅れになりましたが、私も読みましたよ(;^_^A
翠星石ちゃんの待ちに待った活躍の展開が来ましたね(・∀・)



水銀燈やっぱり他の姉妹に比べてキツイ存在ですね(゚_゚)(。_。)ミーディアム『めぐ』にはあんなに優しいのに、姉妹と対峙すると冷酷な姉に変わる。そのギャップが何とも健気に感じますが、萩野目の水銀燈はそんなにマスター思いなのか?正直、厳しい所かもしれませんφ(.. ;)もっと誇り高き薔薇乙女として丁重に接しないと怒られそうですo( ̄ ^  ̄ o) 



さてさて、抜け羽で思いましたが水銀燈にブラシで髪を整えると抜け毛が目立ちます>< 
強く梳かしているつもりは無いのに抜け毛があると罪悪感が生まれます(Тωヽ)これって、ウィッグの宿命なんですかね?
萩野目 2009/03/27(Fri)23:29:23 編集
永遠の不完全。
ローゼンが全能の神だとすれば、1体の完全な薔薇乙女を創造すればいいこと。maoさまのご指摘は適切だと思います。ローゼンが全能か叉はどうしても出来ないところがあったのか、それは謎ですが、私なりの考えでは、ローゼンがどちらであったとしても「完全なアリス」を求めていたとは思えないのです。「完全なアリスを目指す、不完全だけれど魅力的な永遠に不完全なアリス」を世に7体出したのではないでしょうか。

「完全なアリス」って、どんな子かって、考えてみようとしても思考が止まってしまいます。結局、目標ではあっても絶対に存在が有得ないと思うのです。「完全なアリス」と自身(薔薇乙女)が思ってもそれを見る観客(人間)がそう思わなければ、完結しないこととも思えますし、それこそ十人十色の考えをもった人間達すべてが1人の薔薇乙女(たとえば、自身は遂に「完全なアリス」になったと思っている薔薇乙女の子がいるとして)に対し「完全なアリス」であると認めるようなことは不可能でしょう(魔法ならあり?)。

なぜ人間と関わらなければ(まかなければ)動けないのか、これは、人間と関わりあって、いろいろなことを学習し知り、成長していくことをローゼンは課したのでしょう。重要なのは、関わる人間がそれぞれ違うのだから、蓄積される記憶や学習したことは自ずと違っていくこととなります。競争とか実験であるならば、最初に7体を同じ顔形、同じ性格、同じ力等を持たせることも考えられます。そうせずに容姿や力や個性を変え世に出したのは、ローゼンにとってもそれぞれの薔薇乙女に対する「君は1人しかいないんだよ」という愛情とそして、人間の成長と同様な「あらかじめ先は決っていない成長」という、おそらく、ローゼンの全能ではない点で、ここは関わる人間との縁(運)にその成長を委ねたのではないでしょうか。

長生きな薔薇乙女達の時間と人間の寿命との関係は例えていうと愛犬(人間)と人間(薔薇乙女)との関係にも似ていて、人間の死によって薔薇乙女は別離の悲しみも何度も学んでいくわけですが、その記憶は関わった人間毎に決して同じものは無いわけです。それが縁であり個性であり個体差でありそれを経験した薔薇乙女の宝にもなり成長の糧にもなっていくものなのでしょう。そういう人間との係わり合いの中から学んで成長し魅力を広げていくわけです。魅力は長い時を経て際限なく深まっていきますが、世のすべてを経験することは不可能なこと。でも、それを目指し学び努力し喜怒哀楽その時々の問題に一喜一憂し、不完全なことで生じるたくさんのことの中で動いている姿が美しいと思います。真紅が片手をもがれてジャンクの言葉の悲しみを知ったり、水銀燈がめぐの生命をいとおしく感じたり、翠星石が蒼星石の喪失の悲しみや蒼星石以外の姉妹に関しても気にかけるようなったり、そういう感情は成長の証の感情ではないでしょうか。

「完全」は不可能と思って言っていますが、仮に「完全なアリス」となってしまったと想定した時、もう何もする必要がなく時が止まるのではないでしょうか。
つまり、「完全なアリス」になったとたん、つまらない存在になるとも思えるのです。

結論は、永遠に不完全でいいのです。
でも、立ち止まってしまってはいけません。
今日の出来事で明日がちょっぴり魅力的になっていくことが素敵なことです。
長くなってしまいました。ごめんなさい。
桜護 2009/03/28(Sat)11:01:41 編集
maoさま
コメントありがとうございます。

薔薇乙女たちの分けられたローザミスティカは、
宿命なのか、希望なのかとっても難しい問題ですよね。
できれば、希望であって欲しいと思うのですけど☆

翠星石、前作では最後に茨の蒼星石と一緒にいた筈・・・
これはこれで、この先とっても楽しみですよね☆

maoさまの翠星石、拝見いたしましたよ♪
なんだかとってもベストタイミングな登場ですよね。
これからのお写真も楽しみにしていますね (*^.^*)
Tsubasa 2009/03/30(Mon)01:04:37 編集
萩野目さま
コメントありがとうございます。

本作でようやく登場して、
うちの翠星石もとっても喜んでいます♪

水銀燈、確かに合理的ですけど、冷酷な判断ですよね。
真紅と対比させているものだから余計に目立ってしまって・・・
でも、だからこそ表紙がメグとの思い出になったのかも?
本当の水銀燈の姿を見誤らないためにも・・・
なんて、少しひいき目に見ちゃいました。 (〃∇〃) 

だから、きっと大丈夫ですよ♪
水銀燈、芯は優しい子です。

ウィッグ、ブラシで抜け毛ですか?
基本ブラシをかける時には、オイルスプレーなど、
専用の整髪剤を付けられています?
そのままブラシをかけると静電気やちじれから、
もつれたまま髪を引っ張ってしまいますので、
いっぱい抜けてしまいますし、ちじれ髪もどんどん増えてしまい、
ウィッグがダメになってしまいます。

もしオイルスプレーをしているのなら、
空いてる手で元の方を押さえつつ、
毛先の方から、少しづつブラシをかけていけばいいと思いますよ。^^
Tsubasa 2009/03/30(Mon)01:27:57 編集
桜護さま
コメントありがとうございます。

完全なアリス・・・ってつまんない。
そうですよね。

みんな、頑張って変わっていくから、輝いているんですもの。

永遠の不完全・・・って、ず~っと成長していくってことなんですよね♪
それが与えられた道じゃなく、自分の見つけた道であったなら、
ホント、とても素敵なことですよね☆
Tsubasa 2009/03/30(Mon)01:40:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア

※別窓で開きます。

ランキングに参加中デス♪
ご協力して頂くと、とても嬉しいです☆


おねがいします☆
   ↓

☆人形ブログ検索☆
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





☆人形サイト検索☆






☆ HP・別館への【入口】デス ☆


Bluish Dolls



□†□屋根裏のAlice□†□





◆人形写真日記別館◆


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30






メーカー・ショップサイト
☆BODY etc☆









【LUTS-DOLL】



☆DRESS etc☆



最新コメント
[09/28 まお]
[08/24 Tsubasa]
[08/13 Rui]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[07/11 桜護]
[06/30 癸]
[06/02 まお]
[05/28 Tsubasa]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubasa
HP:
ブログ内検索
バーコード
HPカウンター