人形たちとの写真日記を中心に、 スーパードルフィーやドルフィードリームに関わる内容などを                                                            まったりと書いていきたいと思っています♪                                                                                   ★★★人形達の紹介★★★                                                               ☆『SD』 名前 綺羅 フルチョイス 新F-05 SD13                                          ☆『SD』 名前 真紅 フルチョイス 新F-13 ホワイト                                          ☆『SD』 名前 金糸雀 フルチョイス 新F-37                                          ☆『SD』 名前 紅雀 ドルパ14限定モデル(真紅)                                          ☆『SD』 名前 胡桃 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 翠星石 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 水銀燈 ドルパ18限定モデル(水銀燈)                                          ☆『SD』 名前 蒼星石 ドルパ20限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 雫 天使降臨祭2008限定モデル(しずく)                                               ☆『DD』 名前 フェミ                                                       ☆『DD』 名前 ことり                                                        ☆『DD』 名前 葉月 02ヘッドカスタム DDⅡ                                            ※スーパードルフィー・ドルフィードリームは【創作造形(C)ボークス・造形村】(株)ボークスの登録商標です。
[661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651


馬鹿ーっ!!








・・・・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)






このぉ・・・・・・』

『バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! 』

『バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! 』

『バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! 』

『バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! バカ! 』










『ちょっと・・・いいかげんにやめなさいっ、翠星石!!












・・・



『・・・・まだ、言い足りねーですぅ・・・』

ダメ人間のお馬鹿ヤローっ!!・・・ですーぅ・・・』














ッ!!



『・・・・・・・・・・・・・・・・』




『帰ってくるなり・・・どうしちゃったの?』







『な・・・なんでもないよ・・・』






『なんでもないってことは、ないでしょう。』

『あの子が、あんなにも取り乱すってことは、それなりの理由があってのことでしょ?』

『・・・・・・・・・・・・・』

『いったい、なにがあったの?』











『それは・・・・・・・・・』



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

『・・・・・・・・・水銀燈が来たんだ・・・』


『・・・・・・その・・・・』














『・・・・・・・・・・・・・・・わたしたちの本を持って?』









!!・・・・・・』



『・・・・・どうして、それを?』








『・・・・・・・・・この前からの家来の様子といい・・・』

『今の・・・貴女たちの様子で、なんとなく察しがつくのだわ。』









『・・・・・・・・真紅。』





『それで・・・・』


『それで、その本は、あるのかしら?』








『ううん・・・翠星石が泣きながら処理しちゃったよ。』









『そう・・・』

『・・・・・・・・・・・・・その・・・本の内容を聞いてもいいからしら?』









『いいけど・・・』


『でも、僕も一部分しか見てなくて・・・』

『翠星石が・・・・・頑なに本を離さなかったからね。』



『いろんな面も含めて、マスターに直に聞いた方がいいと思うよ。』







『・・・・・・・・・・・・そう・・・わかったのだわ・・・』











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













『・・・・真紅・・・・・・・・』







『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

『僕・・・いない方がいいみたいだから・・・ちょっと、席を外すね。』









『マスター・・・僕たちの大事な妹をくれぐれもよろしく頼むね。』











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』





『・・・・・・・・・ありがとう・・・・・・・・蒼星石・・・』








チャ・・・



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』








っ・・・



『・・・・ねえ・・・』




『向こうのわたしの身に・・・なにかあったのでしょう?』

『あ・・・あの子たちがあんなに取り乱すことだもの・・・』

『とても・・・・大変なこと・・・・よね?』






『この前は、聞きそびれちゃったけど・・・』

『・・・・・やはり聞いておいた方がいいみたいね・・・』

『向こうの世界で何があったのか、・・・話してくれるかしら?』








・・・・・・・・・・・・・・・・・・真紅・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あの本には・・・・

・・・・・・・タイムリミット・・・だって・・・・





・・・・時間が動き出したんです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・それで・・・・・・・・


・・・・・・その・・・・・・・・・真紅のカラダが・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・全て、粉々に・・・・・・・・・・・・・




ジュンが元々のカラダを持って来たのだけど・・・








っ・・・



『そう・・・だったの・・・・・・・・覚悟はしていたつもりだったけど・・・』

『どうやら、間に合わなかったみたいね・・・』







・・・・真紅・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大丈夫?





『え・・・・ええ・・・・・』





『・・・・・・・・・・大丈夫よ・・・少し、驚いただけ・・・だわ。』







『心配することないわ・・・・・・・・・・・・・・・・』







『・・・・・・・・・・・だって・・・・・・・』

『今は、きっとジュンが来てくれてるのでしょう?』







・・・・ええ・・・







っ・・・



ゥッ!




『そして・・・ここには、貴方がいてくれてるのだもの・・・』







・・・・ええ・・・

















『へ・・・変よね、不安要素なんてないのに・・・・・・涙が勝手に・・・』










・・・・・真紅・・・・・・






『ごめんなさい・・・・・・・・・』

『嘘なの・・・本当は・・・不安でいっぱいなのだわ・・・・』




『理の元の世界で・・・』


『・・・わたしとジュンの繋がりが消えてしまったら、』

『この世界のわたしと貴方の繋がりも・・・消えちゃうのかしら・・・?』




『全ては、なかったことになってしまうもの・・・』

『ねぇ、わたしの記憶・・・もしかして、なにもなくなっちゃうのかしら?』





『それとも、単なるカタチだけになってしまって・・・』

『世界から見放され、延々に彷徨うことになるのかしら?』






『・・・・・・・・・・・・・ゴクッ』


『・・・・・とても・・・怖いわ・・・』












・・・・・真紅・・・・・・




覚えてる?この前の話・・・愛してくれる人がいなくなったらっていう話・・・









『・・・ええ・・・・・・・・・・・・覚えてるわ。』








それって、逆にいえば、

愛してくれる人がいる限り・・・望んでくれる人がいる限り・・・

ずっと、そこに存在し続けられるってことでしょう?


向こうの世界のジュンは、自分の身を呈して、真紅がいてくれることを望んでる・・・

もう一人のジュンも・・・

わたしも・・・今、ここに真紅がいることを心から望んでる・・・



・・・それだけじゃ、ダメ?









『・・・・・・でも・・・カラダが・・・仮のカラダといえど、』

『向こうの世界のわたしのカラダが先になくなってしまったのよ。』





『いくら、元のカラダが届いたって・・・壊れてしまった後では、遅い・・・のだわ。』






『こんなの・・・なおす・・・なんて言わない・・・』







『以前の右腕だけの時とは、違うのよ・・・・・・・・ジュンにだって・・・ムリ・・・・よ。』










『もう・・・お父さまにしか・・・』










『お・・・お父さま・・・助けて・・・』



『お父さま・・・お父さま、お父さま、お父さまお父さまぁあ・・・








真紅っ!!






!!



『・・・・・・・・・・・・・・』






・・・・・・・・・・・・真紅・・・聞いて・・・









『・・・・・・・・・・・・・・』








それに何度も約束・・・しました・・・よね?



何があっても守るから・・・って・・・・・

・・・それは、向こうの世界にいるジュンも同じ・・・

もう一人のジュンも同じ・・・

そして、向こうの世界を覗いている沢山の人たちの気持ちも同じです・・・



それに、雛苺だって、一生懸命に真紅のカラダを守っていたんですよ。





ねえ・・・・・真紅・・・・



貴女への、その沢山の想いは、信じるには値しないですか?






『あっ・・・・・・/////』






そしたら・・・真紅は、ずっと負けないのでしょう?






クッ



『・・・そうね・・・・・・・・・・ま・・・負けない・・・のだわ。///』







『・・・・・・・・・・・・・・・////』

『わたしったら・・・・・・・・・・取り乱しちゃって・・・恥ずかしいのだわ。』

『ごめんなさい・・・』



『・・・ジュンも頑張ってくれてるのだもの。』




『きっと・・・大丈夫よね?』






・・・・・・もちろん☆



・・・次のお話が楽しみですよね。 (*゚ー゚)ゞ






『・・・・・・・・・ジュン・・・』



『・・・・・・・・・・・・・・・・二人も揃っていて・・・・・・・』






『・・・・・・なおせなかったら、承知しないのだわ。









・・・・・・・・・・・・・・・・・ (゚_゚i) 

・・・真紅・・・・・・・・・ (゚ー゚;lll)







『・・・・・話してくれて・・・お礼をいうのだわ・・・』





・・・・・・・・・・・・(・・。)ゞ 






『・・・・・・・・・・・・・・どんなに辛いことでも・・・』

『一時は、とても耐えられない位、苦しいかもしれないけれど、』

『それでも、知れば何か良くしようと考えが浮かんでくるものよ。』

『例えその考えが、良い結果になっても、悪い結果になったとしても、』

『自分で選んだ道なのだもの・・・悔いは、ないのだわ。』




『貴方のいうように、知らなくて幸せなこともあるかもしれない・・・』

『でも、それは真実に目を背けているだけに違いないのだわ。』

『ただ時の流れに任せて結果を待つだけよ。』




『良いことも悪いことも全て、きちんと自分の足で一歩づつ踏んでいくことが、』

『本当に生きた証と、いえるんじゃなくて?』





『・・・・・今度は、隠したりしないでちゃんと話して欲しいのだわ・・・』







・・・・・・・・・・・・・ごめんなさい・・・





『・・・・・・・・・・・まったくだわ・・・』

『なんだか安心したら、気が抜けちゃったみたい・・・』









気が・・・狂ってましたから・・・ね (〃∇〃) 









カッ!!





ピギッ・・・:゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃) 






家来のくせに言葉に気をつけなさいっ!






フフッ・・・❤



『ねえ・・・』




『おいしいお茶が飲みたいわ・・・』

『向こうの部屋には、蒼星石も待っているのでしょ・・・』

『早く、リビングに行って、お茶を淹れてくれないかしら?』









はいはい (llv.v)。









『ハイは、一回と、以前にもいってなかったかしら?』




『まったく・・・・・・・・???』






『・・・・・・・・・・なにか忘れてる気がするけど・・・』

『???・・・・・』




『・・・・・・きっと些細なことね。』







タン・・・・・












『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』










く・・・



『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・置いてかれたですぅ・・・』









:::::追記:::::

知らなくて、幸せなこと・・・本当は、人、それぞれだと思います。

翠星石は、ずっと前からYJの内容を知ることを拒否しちゃいましたから・・・ね。

幸せな結果だけを信じて・・・

もしも、今回のYJを翠星石が読んでいたら、

もっとここの事態は、深刻で大変なことになっていたと思います・・・ (゚ー゚;



・・・難しい問題ですよね。(;^_^A 



拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
それぞれ
なかなか難しいですね。


ちなみに僕は知りたくない派です。
なにぶん弱いのでそういうのはいつまでも引きずりそうです;;


真紅ちゃんはつよいこだよ
まずい棒 2010/03/21(Sun)18:49:47 編集
YJ
今回の展開はかなり驚きでしたしね。真紅のように真実を見据えるのも翠星石みたいにきっと幸せな未来が来ることを信じるのもそれぞれの強さ優しさな気もします。

お茶会翠星石ちゃんも忘れないで~0(><;)(;><)0
玉猫 2010/03/21(Sun)20:15:09 編集
まずい棒さま
コメントありがとうございます。

わたしも・・・無理っぽいです・・・
バッドエンド系のお話は、根本的に避けてたりしてます・・・ (T▽T;)

真紅のように、ホントは、なりたいとは思うのですけど・・・
目いっぱい翠星石に同調しちゃってます(;^_^A
Tsubasa 2010/03/22(Mon)00:54:24 編集
玉猫さま
コメントありがとうございます。

ここが一番のポイントなのでしょうけど、
一度に厄災が多すぎ・・・って感じですよね・・・
詰め込み過ぎちゃって、辛いです。

真紅・・・翠星石・・・どちらも、それぞれの強さ優しさ・・・

・・・そうなのかも知れませんね。
翠星石も決して、その場から逃げてはいませんもの・・・

・・・鞄には閉じこもっちゃいましたけど・・・ (^▽^;)
Tsubasa 2010/03/22(Mon)01:08:34 編集
みんな凄いです!
現実をしっかり受け止める真紅ちゃん、気にならないはずはないのに待つことを選んだ蒼星石ちゃん、幸せをずっと信じ続ける翠星石ちゃん…みんなとっても強いですね。簡単に出来ることではないです。みんなとっても強くて優しいですね。

私はかなりのショックを受けて、よろめいてました…(ーー;)
サリア 2010/03/22(Mon)11:19:46 編集
サリアさま
コメントありがとうございます。

みんなそれぞれ考え方は違っても、求めるものは同じ・・・なんですよね。

さすがに今回のお話は、わたしも凹みました・・・
でも、見方を変えれば、これからは好転しかないと思えば、いいのかも?
・・・ですよね///
Tsubasa 2010/03/24(Wed)00:54:27 編集
無題
レプリカの真紅も確かに存在した真紅でしたね。本体の真紅が復活するのですから(・・・主役なのでこれは確実なこと)レプリカの真紅が崩れても構わないと言えるひとと、レプリカの真紅が崩れて可愛そう(もうひとりの真紅みたいな感情)と思える人と様々だと思います。
私は、蝉の抜け殻と羽化した蝉との関係の様に考えますが、皆さまはいかがでしょうか?
桜護 2010/03/24(Wed)01:09:26 編集
桜護さま
コメントありがとうございます。

レプリカの真紅も本来の体の真紅も真紅は真紅ですよね♪
・・・できれば、
二つの体が揃ってからのスライドでしたら良かったのに・・・って感じです。


そして、真紅がそのまま元に戻れればいいのですけど・・・

雪華綺晶の白薔薇は、まだ近くにポトリと・・・
真紅のローザミスティカも、すぐ近くにコロリと・・・

蒼星石は、またローザミスティカを取り出していますし・・・

これから、まだまくことのできるジュンが、
今までの過去を振り返り、何を蒔くのかが鍵なのでしょうけど・・・
無事に真紅がすんなり帰ってくることを願うばかりです///
Tsubasa 2010/03/24(Wed)01:53:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア

※別窓で開きます。

ランキングに参加中デス♪
ご協力して頂くと、とても嬉しいです☆


おねがいします☆
   ↓

☆人形ブログ検索☆
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





☆人形サイト検索☆






☆ HP・別館への【入口】デス ☆


Bluish Dolls



□†□屋根裏のAlice□†□





◆人形写真日記別館◆


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31






メーカー・ショップサイト
☆BODY etc☆









【LUTS-DOLL】



☆DRESS etc☆



最新コメント
[09/28 まお]
[08/24 Tsubasa]
[08/13 Rui]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[07/11 桜護]
[06/30 癸]
[06/02 まお]
[05/28 Tsubasa]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubasa
HP:
ブログ内検索
バーコード
HPカウンター