人形たちとの写真日記を中心に、 スーパードルフィーやドルフィードリームに関わる内容などを                                                            まったりと書いていきたいと思っています♪                                                                                   ★★★人形達の紹介★★★                                                               ☆『SD』 名前 綺羅 フルチョイス 新F-05 SD13                                          ☆『SD』 名前 真紅 フルチョイス 新F-13 ホワイト                                          ☆『SD』 名前 金糸雀 フルチョイス 新F-37                                          ☆『SD』 名前 紅雀 ドルパ14限定モデル(真紅)                                          ☆『SD』 名前 胡桃 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 翠星石 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 水銀燈 ドルパ18限定モデル(水銀燈)                                          ☆『SD』 名前 蒼星石 ドルパ20限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 雫 天使降臨祭2008限定モデル(しずく)                                               ☆『DD』 名前 フェミ                                                       ☆『DD』 名前 ことり                                                        ☆『DD』 名前 葉月 02ヘッドカスタム DDⅡ                                            ※スーパードルフィー・ドルフィードリームは【創作造形(C)ボークス・造形村】(株)ボークスの登録商標です。
[872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862


2つ前のお話がGosicK-ゴシック-で1つ前のお話が神様のメモ帳ときたら、
もう今回のお話は、コレしかないですよね・・・



†ダンタリアンの書架†・・・公式サイトはコチラです☆





・・・ウーン・・・
何度タイトルを見ても、ダルタニアン。。。?・・・って読んじゃうのですよね・・・(;^_^A 
まったく【三銃士】なんて関係ないですのに・・・

小説での時代背景や世界観は、少しGosicK-ゴシック-っぽいと思ったのです。
そして、話の内容としては、ローゼンメイデンやパンドラ・ハーツに似てる、
いわゆるインナーパラレルワールド系のお話だ・・・って、思いました。


・・・でも、あんまりこの小説に対して特別な感情移入もしてなくて、
まあ・・・その程度の作品だと思っていたのですよね。





それが、アニメになって超ビックリだったというか・・・(=◇=;) 


そこにいたヒロインは・・・


真紅の声をした翠星石?!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

もとい、翠星石の皮を被った真紅  (-。-;) 

アハッ・・・翠星石があんな真面目にいっぱい本を読むとは思えないですからねぇ。


確かに原作の小説の方でも彼女は、デスデス言葉でしたけど、
微妙に雰囲気が違うというか、
少なくても翠星石を意識することはなかったような気がするのですけど・・・




これはもう、中の人が翠星石を知ってるがために、
原作から何かが変化してしまってるとしか思えないです。 (゚ー゚; 


その破壊力たるや、チャンネルを合わせた瞬間、
思わずわたしの心は一気に巻いた世界にスーパーダイブしちゃったほどです。

これがほんとの超合体、ダブルパワーってヤツだったのですね・・・ (〃v.v)。




そんな物語のヒロインの名は、ダリアン・・・

そういえば、有名なホラー映画で、よく似た最凶の名前がありましたね。 f(^▽^〃)






『それは・・・ダミアン・・・でしょう?』









・・・・・・・


あっ・・・世界一、美味しいけど臭い果物の名前と同じでしたね。 (*゚ー゚)ゞ







『それは、ドリアンですぅ・・・』









ハハ・・・ (゚ー゚; 

どこかで聞いたような名前なのですけどねぇ・・・







『そんな忘れっぽいお前のアタマの中身の話なんてどーでもいいです。』

『問題は、もっととっても深刻なのです。』

『翠星石は、真紅に対して、もう我慢の限界、臨界ギリギリなのですぅ。』











『穏やかな話じゃないわね、翠星石。』

『わたしに何の不満があるのかしら?』











『なぁに、すっとぼけてるですか、真紅。』

『この前の絵のすり替えといい、ただでさえ、ムカつくことをしでかしたですのに、』

『今度は、とうとう翠星石になりすましてTVにまで出やがるなんて、』

『まったく、薔薇乙女の風上にも置けねー非道さなのですぅ。』














『・・・・・・・』

『誤解よ、それは。』

『わたしは・・・TVなんてものに出た覚えはないのだわ。』











『誤解なわけないです、翠星石はお前の声をしっかりこの耳で聞いたです。』

『それにまだ、この翠星石のかわいさを真似たいからって、』

『話し方を全て真似て喋るってーなら可愛げもあるってもんです。』



『なのに真紅ったら・・・』

『YES、YESって、お馬鹿みたいにヘンテコな言葉をくっ付けてたですぅ。』






『それに・・・』

『それに・・・あんな恥ずかしいことを・・・』













『・・・恥ずかしいこと?』













『その・・・ヘンな身も知らぬ男に・・・手を突っ込まれて・・・』

も・・・悶えてやがった・・・ですぅ・・・』






『////////』



『翠星石、表現が卑猥なのだわ・・・』






『何、勘違いしてるのかしら?』

『あれは、叡智の扉の向こうから幻書を導き出してるだけ・・・なのだわ?』












『ふっ・・・』

『引っ掛かったですね真紅。』

『なぜ、そんなことをお前が知ってるのですか?』










『・・・・・・・・・・』

『なんのことかしら?』









『隠したって無駄ですっ。』

『翠星石は、真紅が隠れてコソコソとヘンなお仕事をしてるのを知ってるですよ。』

『この前は、ゴシックとやらの母親の役をやっていたです。』

『主役のチビ娘とウリ二つのくせに、ちっとも人気が出なかったです。』









『・・・・・・・あれは、不本意だったのだわ。』



『翠星石、貴女・・・深夜アニメの見すぎよ。』

『それよりも随分前に、それで蒼星石と言い争いになったのを覚えてないのかしら?』








『話を逸らそうなんて、そうは問屋のこんこんちきなのです。』


『・・・・・・・・』

『ほらみるです、やっぱりTVに出てるです。』






『・・・・・』

『翠星石・・・声だけでは、TVに出てるとは、言わないのよ。』

『・・・そうね、貴女の言うとおり、少しだけお仕事をしてるのだわ。』

『そして、今度のお仕事は、偶然だけど貴女の話し方によく似た子のお話だったの。』

『ほらっ、よく似た子が周りにいると、その役になりやすいっていうでしょう?』


『わたしにはわかるのだわ。』

『きっと、この役は人気を取り戻すために欠かせないものなのよ・・・』

『お願い、許して頂戴、翠星石。』










『・・・・・・・・・・・・真紅・・・』

(真紅は真紅なりにとても悩んでいたのですね。)

(それなのに・・・翠星石は・・・)



(・・・・・・・・・)

(わかったです。)

(真紅の人気のために、ここは翠星石が折れてやることにするです。)










『・・・なんて、言葉を貴女は待ってたのかしら?』










『へっ?』








『・・・残念ね。』










『ち・・・違うのですか?』







『当たり前でしょう?』




『考えても御覧なさい。』

『人形のわたしが人前に出るということは、どういう事なのか分かるでしょう?』


『そんなお仕事なんて、できるはずがないのだわ。』










『・・・・・・それも、そう・・・・ですね。』









『しかし、あのダリアンって子・・・』

『貴女にとっては侮れない存在なのは確かなのだわ。』

『貴女と同じようなルックスに同じような言葉使い・・・』

『それに声色が、このわたしにそっくりだなんて・・・強敵なのだわ。』









『真紅は、人気投票でもこの翠星石を抜いたこともねーですのに』

『声色が似てると、どうして翠星石にとって強敵になるのですか?』













『・・・・・・・・』




『このままでは、わたし【たち】の影が薄くなりそうね。』








『なんだか話を逸らされた気がするですけど・・・』

『・・・最近、TVから離れてるですから・・・・・そのとおりかもしれないですぅ。』

『真紅もあんな物まねヤローに負けないようお互い頑張るですよ。』








『イエス♪』


『・・・コホン・・・・・・・・なのだわ。』












『・・・・・・・・・・・・・』








・・・・原作・・・小説の方では、そんなに頻繁にYESは使ってないのですけど、
そしたら、ますます翠星石と違いが分かんなくなっちゃいますよね・・・ f(^▽^〃)









::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます☆

なんだかあっという間に時間が過ぎちゃってますネ・・・

もう準備して空港に向かわないと乗り遅れそうなのです。
今回、お話を考えるのが精一杯で気が付くと写真を撮る時間がなくて・・・。

ごめんなさい・・・///


この先の【つづきを読む】は、WEBコメントのお返事です。





神様のメモメモ…

葉月ちゃん、夏ワンピかわいいですね。青いシマシマ
・・・ちょっと期待しちゃいましたよ(っておい)

>その手で隠された向こう側には・・・(// ̄¬ ̄//)
想像で逝っちゃって下さいね( ̄▽+ ̄*)

ちょ(^^)思わずセクシーお写真に鼻血がwwwwwww
ドールとは思えない生足がお美しい(●´∀`●)

>そこまでした覚えはないのですけど・・・///


◆YJローゼンメイデンTALE37◆

これからもかわいいドール達を
ラプラスの魔のようにながめていきたいと思います・

>ここにもうさぎさんが一匹・・・:*:・( ̄艸 ̄)・:*:

拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ダリアン
「ダンタリアンの書架」の放送見ていてこの場面いいですよね~~
「九十万と六百六十六の幻書を封印せし、迷宮の書架。叡智の扉は開かれり」・・・
キターーーーーーってかんじですよね(笑)

前にも書いたことありますがダリアンが大人の女に変身したようで家の子になんとかコスプレさせてみたいような・・・
Rui 2011/08/08(Mon)23:25:41 編集
Rui さま
コメントありがとうございます。

『是』
ダリアン・・・の大きくなった姿のコスですねww
頑張ってみてください♪
楽しみにしてますね☆
Tsubasa 2011/08/31(Wed)02:30:27 編集
フリーエリア

※別窓で開きます。

ランキングに参加中デス♪
ご協力して頂くと、とても嬉しいです☆


おねがいします☆
   ↓

☆人形ブログ検索☆
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





☆人形サイト検索☆






☆ HP・別館への【入口】デス ☆


Bluish Dolls



□†□屋根裏のAlice□†□





◆人形写真日記別館◆


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31






メーカー・ショップサイト
☆BODY etc☆









【LUTS-DOLL】



☆DRESS etc☆



最新コメント
[09/28 まお]
[08/24 Tsubasa]
[08/13 Rui]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[07/11 桜護]
[06/30 癸]
[06/02 まお]
[05/28 Tsubasa]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubasa
HP:
ブログ内検索
バーコード
HPカウンター