人形たちとの写真日記を中心に、 スーパードルフィーやドルフィードリームに関わる内容などを                                                            まったりと書いていきたいと思っています♪                                                                                   ★★★人形達の紹介★★★                                                               ☆『SD』 名前 綺羅 フルチョイス 新F-05 SD13                                          ☆『SD』 名前 真紅 フルチョイス 新F-13 ホワイト                                          ☆『SD』 名前 金糸雀 フルチョイス 新F-37                                          ☆『SD』 名前 紅雀 ドルパ14限定モデル(真紅)                                          ☆『SD』 名前 胡桃 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 翠星石 ドルパ16限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 水銀燈 ドルパ18限定モデル(水銀燈)                                          ☆『SD』 名前 蒼星石 ドルパ20限定モデル(くるみ)                                          ☆『SD』 名前 雫 天使降臨祭2008限定モデル(しずく)                                               ☆『DD』 名前 フェミ                                                       ☆『DD』 名前 ことり                                                        ☆『DD』 名前 葉月 02ヘッドカスタム DDⅡ                                            ※スーパードルフィー・ドルフィードリームは【創作造形(C)ボークス・造形村】(株)ボークスの登録商標です。
[1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011










ジングルベルのメロディーが流れる街の一角


とても大きなクリスマスツリーのある広場の片隅で
一人の少女は、ぼんやりと空を見上げていました。


「ほんとうに来るの?」

女の子は、独りつぶやきました。


「来るのだわ。」

すると、足元から返事がしました。
彼女の足元には彼女が重くなって耐えられなくなり置かれた鞄があるだけです。


「ちゃんと約束したもの。」

その鞄から小さな女の子が顔を出していました。
とても透き通った青い瞳と、今咲いたばかりの花のような瑞々しい唇と、
そして自分の背丈よりも長い綺麗な眩い金色の髪を高級な革のリボンで二つに分け、
真っ赤な大きなヘッドドレスで飾ったまるでお人形のような女の子でした。

「わたしは、あの子のことは決して好きではないけれど、」
「信用はしているのだわ。」


「そうなの?」
「でも、約束したって言っても、あの子がそう思ってるか分かんないよ。」
「喧嘩の売り言葉に買い言葉みたいだったじゃない?」
「それに・・・あの子、着てるものが真っ黒で、逆さ十字まで付けてたよ。」
「まるで、悪魔の子みたい・・・」


「それは違うのだわ。」
「黒い衣装は、あの子の白さをより鮮明に見せるため・・・」
「逆十字は、聖ペトロの印・・・れっきとした十字架の一つよ。」
「お父さまが、あの子のためにつくったものなのだわ。」


「ふーん、さっき、あの子のこと嫌いだなんて言ったのに、」
「まるで、大好きな子を庇うようなことをいうのね。」


「あら、嫌いだなんて言ってないのだわ。」
「好きではないと言ったのよ。」


「同じことじゃないの?」


「決して同じじゃないわ。」
「【嫌い】というのは、相手のことを否定してるけど、」
「【好きではない】というのは、相手のことを認めてはいるのよ。」
「わたしは・・・彼女を・・・彼女の存在をちゃんと認めてはいるのだわ。」

「本当は・・・もっと早く気付けば良かったのでしょうけど・・・」


「そんなものなの?」


「そんなのものよ。」




そのとき、夜空に小さな動く光がにわかに見えたと思うと、
近づくにつれ徐々にその光は、一人の女の子の髪だと分かりました。

風に靡いて流れる銀色の髪の下には、まるでルビーのように綺麗な赤い瞳が輝き、
肌も透き通るような白くて、彼女はまるで月の女神みたいでした。
そして、その背中には、あって当然とばかり天使のような翼がありました。


「クリスマスだからって、別に独りでも寂しくもなんとも無いけど、」
「フン・・・ヒマだったから、来てあげたわ。」
「感謝しなさいよ。」


「そうね・・・」

鞄に入った小さな女の子は優しそうに答えました。




そして・・・女の子は、微笑みながら言いました。

「メリークリスマス、天使さん ♪」
















::::: 追記 :::::

拍手、ありがとうございます。


クリスマス・・・もう今年もこんな時期になってしまったのですよね・・・
気付けば、あと数日しか残ってない。 ( ̄ー ̄; 

これから、大掃除して・・・
あっ、大掃除の前に年賀状書かなきゃ・・・ (;´ー`A``

こう・・・隠しコマンドみたいなものがあって、アクセルワールドみたいに
それを見つけ出すと1週間くらい今年が余分にもらえるみたいなものが欲しいです。


バーストリンクッ!!・・・って、

そんなのあるわけもないですよね・・・ (〃v.v)。





えっとぉ・・・ちょっとしたクリスマス雰囲気を味わってもらうために、
ホムペの方にもミクに頑張ってもらいました ♪





宜しければ、遊びに行ってやってくださいね☆


拍手

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
メリークリスママス
そちらではミクさんがサンタさんなんですね!!
ミクさん多産、可愛いですね!!
そういえば、ファミマでもミクさんがサンタさんになってました!!

でも、あれだったら絶対ドールズにミクサンタさんになってもらった方が可愛いとか思ってたんですよね!!

私の幼SDの方はウィッグが間に合わず、ふつうにサンタさん服だけになってしまいました。

なので、うちの子達に見つからないようにこっそり写真を持ち帰ります><

まお URL 2012/12/25(Tue)04:22:52 編集
まお さま
コメントありがとうございます。

サンタミク、可愛いと仰って下さって嬉しいです///

まおさまの仰ってたファミマサンタミク・・・
一番くじのB賞のものですね。
あのサンタミクとA賞のデカミクねんどろいどをゲットするために、
ともだちは、信じられない位の大枚を叩いていました・・・
それこそSDなんてお迎えできちゃいます位・・・(;^_^A 

画像、お持ち帰りぜんぜんOKなのですけど、
くれぐれもドールズさんたちに見つからないように・・・:*:・( ̄艸 ̄)・:*:
Tsubasa 2012/12/26(Wed)02:40:55 編集
フリーエリア

※別窓で開きます。

ランキングに参加中デス♪
ご協力して頂くと、とても嬉しいです☆


おねがいします☆
   ↓

☆人形ブログ検索☆
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





☆人形サイト検索☆






☆ HP・別館への【入口】デス ☆


Bluish Dolls



□†□屋根裏のAlice□†□





◆人形写真日記別館◆


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31






メーカー・ショップサイト
☆BODY etc☆









【LUTS-DOLL】



☆DRESS etc☆



最新コメント
[09/28 まお]
[08/24 Tsubasa]
[08/13 Rui]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[08/10 Tsubasa]
[07/11 桜護]
[06/30 癸]
[06/02 まお]
[05/28 Tsubasa]
最新TB
プロフィール
HN:
Tsubasa
HP:
ブログ内検索
バーコード
HPカウンター